XEMarkets PepperStone 24Option iForex eToro SmartOption FXで資産運用 レバレッジ

 金融ファイナンス.com


rwere


FXと外貨預金は、いろいろな違いや特徴があり、FXは手数料などにおいて有利になっています。FXというのは、外貨の売買を行うことによって獲得できる差益が目的の投資商品で、最大の特徴は、FX会社に預けた証拠金をレバレッジを効かせて、数倍~最大25倍のトレードを行うことが可能なことです。投資家の方は、ある程度FXにはリスクがあるということは承知した上で、このレバレッジのメリットのためにFXを始める方も多いそうです。

fsereFXというのは、外国の通貨を売り買いすることで利益を出す


FXやバイナリー取引という取引方法をよく耳にするようになりました。こういったオンライン取引は、外国の通貨を売り買いすることで利益を出そうという取引のことです。

多くの方は、「取引する商品が通貨に代わっただけで、実際には他の取引とは大した違いはない」と思っている方も多いことでしょう。しかし、FX取引では、利益を生み出すシステムというのが、他の取引とは違うのです。
もちろん、基本的には「安く買って高く売る」というのが利益の中心であることには違いありません。しかし、そこへ行くアプローチ方法というのが、他の取引とは大きく異なるのです。その理由というのが、「外国の通貨」という商品の特殊性にあります。FXで利益を生み出すのには、

いくつかの方法がありますが、その中でもFXならではといえるのが「スワップ」です。「スワップ」というのは英語で、日本で言うと「交換」という意味になります。前述したように、通貨は他の商品にはない特殊性があります。その1つが、政策金利です。政策金利というのは何かというと、その国の中央銀行が市中の銀行にお金を貸し出す際の金利のこと。

日本では中央銀行といえば、「日本銀行」。その日本銀行が決定する政策金利、かつては「公定歩合」などとも言われていました。この政策金利が、FXにとって重要な意味を持ってくるのです。それぞれの通貨には、それに対応する中央銀行というのがあります。前述したように、日本であれば日本銀行でありますし、アメリカであればFRB(連邦準備銀行)ということになります。

ヨーロッパのユーロ諸国では、欧州中央銀行がそれに相当します。それぞれの中央銀行では、それぞれの政策金利を持っています。それぞれの政策金利を見てみると、金利に差があるのが分かるのですが、それがFXの肝なのです。

例えば、日本銀行の政策金利が0.1パーセント、アメリカのFRBの政策金利が3.1パーセントだったとしましょう。この際、日本円を売ってアメリカドルを買うとします。

すると、アメリカドルのほうが金利が高いので、為替レートに変動がなければ、1年間に3パーセントの「スワップ金利」というのももらうことができるのです。もちろん、注意をしなければならないこともあります。それは、逆のケースです。日本銀行とFRBの政策金利は、前述したものと同じものだとしましょう。

この状況で、日本円を買ってアメリカドルを売るという取引をしたとすると、為替レートに動きがなければ、今度は年間3パーセントのスワップ金利を支払わなければならないのです。

絶対利益を上げることを目指しているヘッジファンドでは、どうしても相場の変動を考えて投資を行う傾向にあり、ここが何らかの決済を行ってしまうと相場が急変動するとされています。

明らかに相場が動いている場合は、ヘッジファンドのどこかが高額な投資に踏み切っていると判断されており、これに連れて他の投資家がその波に乗ろうとしています。ヘッジファンドはそれを誘発したいと思っており、より自分たちが思っているような流れに持っていくことで、更なる利益を得たいと思っています。

そのためヘッジファンドを利用することは、ハイリスクハイリターンと呼ばれています。実際にかなりリスクが高いことがわかっており、絶対に利益を生む可能性を持っているものの、結構失敗に近いことを起こしてしまい、ヘッジファンド側が他の方法で何とか回収して必要な利益を上げることがあります。色々な投資方法を採用していることで、意外と金額的にはもらえることが多いものの、失敗する可能性も当然用意されているためにリスクは高いのです。

またヘッジファンドが起こした波に対して、投資家がついてこないような状況になってしまうと孤立する形となり、投資をすぐに中止して他の方法を考えていることもあります。これは投資をしたのに関わらず、全く動きが見られないようになってしまい、投資家もすぐに決済されるだろうと思って動いてこないような形です。ヘッジファンドとしては、派手な動きを望んでいるのですから、動きが出てこないような状況は一番嫌なのです。変動しない場合は、変動させるまで待つこともあります。

機関投資家や富裕層の大半は、このリスクを知っていても投資を行っています。自分たちが利益を大量に生み出すことが厳しいと判断しており、よくわかっているヘッジファンドを利用して一気に投資する金額を増やすことがメリットと判断してるからです。わからない人が投資をしたいと思っている時、一気に増やせる可能性をもたらしてくれるのはヘッジファンドくらいであり、成功する確率は上昇することになります。

投資する金額が高いのでリスクが高く、リターンも投資している金額が多いので当然高くなるので、ハイリスクハイリターンという名前が非常に似合うものとして考えていいです。ヘッジファンドは成功するととんでもない金額が一気に返ってくることになりますが、失敗することがあると元本割れもあり得ることなので、慎重に選んでいくことになります。

Copyrights  金融ファイナンス.com