XEMarkets PepperStone 24Option iForex eToro SmartOption FXで資産運用 レバレッジ

 金融ファイナンス.com


rwere


FXと外貨預金は、いろいろな違いや特徴があり、FXは手数料などにおいて有利になっています。FXというのは、外貨の売買を行うことによって獲得できる差益が目的の投資商品で、最大の特徴は、FX会社に預けた証拠金をレバレッジを効かせて、数倍~最大25倍のトレードを行うことが可能なことです。投資家の方は、ある程度FXにはリスクがあるということは承知した上で、このレバレッジのメリットのためにFXを始める方も多いそうです。

FX口座は銀行口座より金利がいい


みなさんはFXについてどのようなイメージを持たれているでしょうか?
テレビでモニターをじっと見続けているトレーダーを見たせいか、FXは1日中パソコンにへばりついて大変そうなイメージが強いように感じます。また、パチンコと同じようにギャンブルだと思われているかもしれませんね。ただ、どんな物事でも言えることですが、勝ち続けている人がいるということは、それなりの勝ちの法則があるということです。
あなたが知っているFXは、ほんの一部の人間の世界観にしか過ぎないのかもしれません。

例えば、FXが銀行のように資産を運用できるということは知らない人が多いのではないでしょうか。FXで行うのですが、投資という感覚より資産を預けて年利で増やす銀行に近い感じです。その運用方法を「スワップ運用」といいます。


スワップポイントとは?

スワップ運用とは、日本よりも金利が高い国の通貨を選び、ポジションをとったらそのまま売却せずに持ち続けることにより、日本の金利と選んだ国の金利の差額がスワップポイントとなってあなたの利益になります。通常のFXトレードと比べるとただ持ち続けるだけですので非常に簡単なのです。ですが、リスクももちろんあります。日本より金利が高い国ならプラスにスワップポイントが加算されますが、逆に選んだ国より日本の金利が高くなれば、マイナスにスワップポイントが加算されてしまいます。これを金利の逆転といいます。日本の金利は非常に低いので、金利が逆転することは滅多にないことなのですが、万が一のことも考えて定期的に価格の変動を確認した方がいいでしょう。ただのうまい話ではなく、リスクがあるれっきとした長期取引なので、簡単だからといって何も考えずに取引をするのはやめてくださいね。


スワップポイントの計算の仕方

具体例を取り上げてスワップポイントの計算の仕方を説明したいと思います。
例えば、日本の現時点での金利が0.1%で、2.5%の国の通貨を購入したと仮定しましょう。
この場合の金利の差は+2.4%となりますね。そして、現在の日本円のレートが90円で10000通貨をポジションにとっていたと仮定します。そうだとすれば、90(円)×10000で、90万円のポジションが保有されていることになります。そして、これに対する金利の差は+2.4%なので、900000(円)×0.024で21600円になります。これは年利の計算ですから、1日の利益を出すには21600(円)÷365(日)をします。計算結果は一日60円になりますね。
最後に


いかがだったでしょうか?
ここまで読んでくださった読者のあなたはスワップポイントの魅力と計算方法を理解できたと思います。計算式から分かるようにスワップポイントは金利差だけでなく、為替レートの変動によっても変わってくることが分かるかと思います。ですから、ポジションをとってそのままにしておけばいいという甘い考えでは危険であると認識されたかと思います。
ほとんどのFX業者が1日ごとにスワップポイントを計上する仕組みになっていますので、それを定期的に確認してください。マーケットが休みの土日でもでも、スワップポイントは発生しますから念頭に入れておいてください。



 

Copyrights  金融ファイナンス.com