XEMarkets PepperStone 24Option iForex eToro SmartOption FXで資産運用 レバレッジ

 金融ファイナンス.com


rwere


FXと外貨預金は、いろいろな違いや特徴があり、FXは手数料などにおいて有利になっています。FXというのは、外貨の売買を行うことによって獲得できる差益が目的の投資商品で、最大の特徴は、FX会社に預けた証拠金をレバレッジを効かせて、数倍~最大25倍のトレードを行うことが可能なことです。投資家の方は、ある程度FXにはリスクがあるということは承知した上で、このレバレッジのメリットのためにFXを始める方も多いそうです。

fseレバレッジを正しく理解する


レバレッジは本当に危険なのか

FXの経験が浅い人は、レバレッジが高いFX会社は危ないという印象を持っています。
ですが本当にそうでしょうか?
確かにレバレッジを大きくかけてしまい、資産を全て失ったという話はよく聞きます。
でもよく考えてみてください。
レバレッジはどう考えたってFXの魅力なのです。
資産以上のお金を動かすことができるということはそれだけ大きなリターンを狙うことができるということです。それなのにレバレッジと聞いたら「ギャー」と頭を抱える人がいるのです。恐らくレバレッジを使って大きく負けてしまったから、感情的になってしまい何が原因なのかが盲点になってしまっているんでしょう。この記事ではその盲点を解き明かしたいと思います。


レバレッジとは?

まずはレバレッジを知らない人のために簡単に解説します。
レバレッジとはテコの原理を意味しており、少ない資産で多くの取引を行うことをさします。例えば、100円のレートで100万円分のポジションを持つとしましょいう。その場合、レバレッジが5倍なら20万円、20倍ならば5万円が証拠金として拘束されます。
証拠金のお金以外は、余裕資金として確保することができます。余裕資金が多い程、数多くのポジションを持つことができますし、損失に耐えるための資金としても使えます。ただし、使い方を間違えると自殺行為になります。次でレバレッジを使った失敗例を紹介します。


資金に見合った取引をする

レバレッジは資産以上のお金を動かせる分、負ければ損失を大きく感じてしまうかもしれませんが問題はそこではなく、資産に見合った取引をしているのかということになります。
FXは取引回数に応じて負ける回数も比例して多くなります。FXにおいて重要なのは負けつつも損失を最小限に抑えて、確実に利益を積んでいくことです。ですから、レバレッジをかけた際に負けたとしても、それはレバレッジが悪いわけではなく、損切りできなかったことや、もしくは資金に見合ったレバレッジをかけることができなかったことが問題なのです。レバレッジを使っていつも通り負けつつも、利益を確実に積み上げていけばレバレッジはかなり重宝する武器になります。


実例を上げてみましょう。

FX口座に21万円を入金して、レバレッジを5倍かけて1万通貨のドル円を持ったとします。そうなると、余裕資金は1万円の状態になります。1円の値下がりをしただけで1万円のマイナスになってしまいますので、あまり好ましくないレバレッジのかけ方になります。

では今度はレバレッジを20倍で1万通貨を保持したとしましょう。そうすると16万円が余裕資金として残ります。火を見るよりも明らかでレバレッジを5倍かけて余裕資金が1万円しかないより、レバレッジを20倍かけて余裕資金を16万円にした方が耐久率が高いですよね。ですからレバレッジはかけた方が得なのです。

しかし、レバレッジをかけてもいいけど、通貨を増やすのは危険です。
資産に見合った通貨量を取引をするようにしてください。
先ほどの例で失敗れを上げるのであれば、レバレッジを20倍にして、4万円分の通貨ポジションを持つということになります。この場合は余裕資金が1万円しかないですし、25銭の幅までしか耐久することができません。


このようにレバレッジに問題があるのではなく、どれくらいの通貨の量でポジションをとるのかが問題になります。大事なのは自分の資産にあった通貨の量で取引をすることです。
また、損失をできるだけ減らすためにロスカット注文を必ず設定してください。
この2点を守ればレバレッジはもろ刃の剣ではなく、一番やりの武器として使うことができるのです。



 

Copyrights  金融ファイナンス.com