XEMarkets PepperStone 24Option iForex eToro SmartOption FXで資産運用 レバレッジ

 金融ファイナンス.com


rwere


FXと外貨預金は、いろいろな違いや特徴があり、FXは手数料などにおいて有利になっています。FXというのは、外貨の売買を行うことによって獲得できる差益が目的の投資商品で、最大の特徴は、FX会社に預けた証拠金をレバレッジを効かせて、数倍~最大25倍のトレードを行うことが可能なことです。投資家の方は、ある程度FXにはリスクがあるということは承知した上で、このレバレッジのメリットのためにFXを始める方も多いそうです。

wer新たな取引システム『EDGE』をリリース


FXPepperstoneはこれまでMT4やEAなどのプラットフォームに加えて、新たな取引システムである「EDGE」(エッジ)を8月15日にリリースしました。その新たな特徴は以下のようなものになります。


・スプレッドの狭さ
スプレッドの狭さを競っている多くの海外業者の中でもPepperstoneはかなりの低スプレッドを実現していましたが、「EDGE」の導入によりそれがさらに小さくなります。中でもレーザー口座は最小0.01pipsという驚きの狭さとなっています。

・通貨ペアの大幅増加
取引可能な通貨ペアが大幅に増加し52種類ものペアが扱えるようになります。マイナーな通貨も網羅しているため、多くの通貨ペアによる投資戦略を組み立てたい上級トレーダーにとってはかなりありがたい改良といえます。

・約定力の強化
システムの改良によって安定性が高められ、約定力が強化されました。これにより混雑時のスリップも起きにくくなります。

・入金の利便性向上
クライアントエリアという高度にセキュリティ管理された取引口座の管理ツールがあり、これを利用した場合、クレジットカードによる入金においても即座に入金が完了するようになりました。

さらに、MT4にはないワンクリックで決済が完了する新取引ツールや、気配値の表示を可能にするなど、これまでにない大幅な利便性の向上が図られています。

様々なメリットを書いてきましたが、Pepper Stoneの強みをまとめるとこのようになります。

他の海外業者と比べてもスプレッドが非常に狭く、さらに安定しています。レーザー口座を選んだ場合は手数料が発生するものの、最小スプレッドはさらに10分の1にまで低くなります。海外業者を利用するために最も重要な日本語によるサポート体制ですがこれも完備されています。

現地では日本人のスタッフが常駐しており、メールサポートなど彼らが全て対応にあたってくれます。実は実際にスタッフの方とお会いしたこともあるのですが、丁寧でとても洗練されたサービスを行われているのだなと感じました。

入出金についても海外業者にありがちな手続きの遅れなどはありません。入金についてはクレジットカードによる入金以外にも三井住友銀行への振り込み入金も可能になっており、海外送金にくらべて手数料は大幅に安くなっています。出金もスムーズで遅くても数日以内には完了します。

Pepperstoneは、海外業者を利用する際に気になる点についてはほぼ完全に対策がとられており、日本人でも安心して利用することができるブローカーです。です。



Copyrights  金融ファイナンス.com